というわけでDVD「キル・ビル Vol.1」鑑賞

 「キル・ビル Vol.1」をオリジナルと吹き替え音声で連続鑑賞。たしかにタランティーノの日本への間違った解釈満載のB級映画であり、アクの強い、見る人にはノリの良さを要求するような映画だと思う。
 最後にチャンバラシーンのある飲み屋とか、殺陣のシーンでの立ちまわりとか、沖縄にいる千葉真一の台詞回しとか、突っ込むところは満載なので、マジメに映画を見て楽しもうとする人には向かないかも。あくまでも軽いノリで楽しむのがよろし。ってところですな。

 で、これはオリジナル音声での鑑賞の方が良いと思う。吹き替えになるとせっかくのユサ・サーマンとかルーシー・リューのへんてこな日本語が聴けないモノ(笑) この部分だけは吹き替えの流暢な日本語ではなく、たどたどしい変な日本語の方がよりB級映画として味わえるという感じ。