トリビアの泉

 最後のトリビアタイガーマスクだらけの試合」なんてプロレスファンにはデフォでしょう。っていうか、説明が足りなすぎる。梶原一騎追悼の興行での試合ってのは当然だとしても、初代はきちんと佐山聡。2代目は本来三沢光晴だったのだが、都合により金丸義信。3代目は金本浩二で4代目は現在のだとか。初代と4代目は順当なタッグとして、2代目と3代目のタッグは当時としては全日と新日の夢のタッグだったとか…その辺までフォローしておかないといちプロレスファンとしては納得イカンのですよ(笑)