修理その2 液晶モニタ 0点

 先日修理に出した液晶モニタですが、2週間以上経っても何の連絡もないのでどうしたのだろうと、サービスセンターに電話したのが10月1日。
 最初は「調べて折り返し電話します」ということになり、携帯の番号も修理伝票ナンバーも全部伝えて電話を切る。20分後かかってきた電話の一言が「戻ってきてますね」とこともなげ。しかも「症状再現せず」なので結局修理はしていないらしい。一応いつ修理があがったのかを聞いてみると「9月28日ですね」とさらりと言われる。下手すればこっちが電話するまでずっと放置ということだったのだろうか?
 その辺をつっこまずに届けてもらう日を確認して、さらに修理していなかった時の金額を一応確認しようとするとそこで電話が切れる。一応携帯だったので再度連絡をしてみるが繋がったと思ったらまた切れる。今度は固定電話からかけるが、今度も繋がった瞬間に切れる。その後もむこうから連絡はいっさい無し。
 で、次の日修理品が届きましたが、上記のようなことがあったことを伝えても持ってきたおっさん*1は笑って誤魔化してとっとと帰りました。

 ちなみに一連のやりとりの間に「申し訳ありません」などの謝罪の意味の含まれた言葉はいっさい聞かれませんでした。


 これに関してのコメントは別にしたくありません。元からこのメーカーには何も期待していませんし、勤め人時代からこのメーカーに対するイメージはずーっと悪かったのですが、これを機にこのメーカー製のものをいっさい買わないようにしようと思っただけです。携帯とデジカメもこのメーカー製なのですが、これを機に携帯機種交換してデジカメ売ろうと決意しただけです。



 接客業をバイトを含め10年以上色々とやったから見てる目が辛いわけではないとおもいますが、どうなんでしょうね。

*1:おそらく下請けの業者なり電気店でしょうけどね…